ベテル別館~エデンの東端

小説ブログ「私のベテル~ゆめのきざはし」の別館にようこそ。 ここには雑記や小ネタなどをつらつら書いていきます。
Posted by 神山 備

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 神山 備   0 comments   0 trackback

アクロバットタイピングと意外と面白い名付けセンス

ポケモンタイピングにはまってます。コンプリートを目背してます。全ての画面はだしましたが、その内金メダルは半分くらい。

文字を打つのは良いんですが、ポケモンの名前が覚えられません。遠目で見るとルクシオとレントラー、ロゼリアとロズレイド(いずれも進化前進化後)の区別がつかないんですけど。などと言うと、お子様からおばさんの烙印を押されるのでしょうね。

良いんです、彼らからすればおばあちゃんの域に入る年齢ですからね。それに、名前は待ってると出てくるのでそれから打てばいい。でも、それでは金メダルをもらえない面があるので、と言うのがまず一点。

それと、ハングルのフォントがどうしても諦めきれなくて(フリーソフトをダウンロードしようとしたんですが、難しいので)韓国語の学習ソフトを手に入れたんですが、そこにハングルのタイピングソフトがついていました。

なので、日韓タイピング三昧の日々を今送っています。

韓国語の入力はX・Q・C・Vが頻繁に出てきます。私って独学でブラインドタッチなので、日本語ではほとんど叩くことのないキーは順番がいまいち曖昧だったんですが、これでしっかりと頭に入りました。

でも、相変わらず数字キーは弱いです、頭に入ってません。ポケモンタイピングはYアレスキーボードが標準装備、テンキーがないので、一部のボスキャラには勝てないためだと言うのがもう一点。

後、もう一つ意外な弱点を発見。左利きたすく、右手でシフトキーが押せない(笑)いや、日本語は良いんです。!くらいしか私頻繁には使いませんから。

問題は韓国語で、濃音と呼ばれる日本で言う撥音系の発音(ダジャレを言うつもりはないんですが)はその清音にシフトをプラスする形になっているんです。発音的には正しい発想だし、覚えやすいっちゃそうなんですが、Q・W・E・R・Tに濃音があるんですが、たすく全部左シフトを押しつつ左手で打ってます(本来ならYは右のカテゴリーなんですが、私左でつい打ってしまいます。、ま、シフトを押しながらはないですけど)

でね、実に濃音の出てくる確率が高いんですよ。その昔かな入力だった頃にもシフトキーを押しながら拗音を打ってましたが、日本語シフト必要語は大体右手のカテゴリーですよね。

まぁ、何となく分かるんですよ、韓国語のキータッチを決めた経緯。子音は左手で母音は右手で入力する。あの文字の成り立ちと同じようにしてあるって。合理的だと思うんです。

合理的なんだけど、私的にはなんとかしてほしいよぉと思う今日この頃です。

そして私は、今日も手を引きつらせながら左手でシフトを押しつつ濃音を入力するのでした。

-*-*-*-*-

ウチの場合、あぐりんが幼稚園入園の年にポケモンの放映が始まったこともあり、初代の赤・青・緑から(ちなみにくさマスターの私はもちろん緑ですが)プレイしているハードプレイヤーです。特に、上手くバトルできない小学校低学年までは、レベル上げは母の役目でもありましたし。

今回ブラック(ホワイト)はまだプレイしてませんが、ポケモンタイピングで一部新ポケの名前が出てきたので、一昨日ググってポケモン図鑑をコピーしました。

このポケモン、今や654体でしたっけ、ものすごい数になってるんですが、この名付けのセンス、なかなか面白いんです。

おなじみのピカチュウは、電気(ピカ)ネズミ(チュウ)。ニャースは猫の鳴き声などのまんまのやつも多いんですけど、そこに結構大人の遊びが見え隠れするんです。

私のお気に入りのネーミングは
・ヒトカゲ(火蜥蜴)→リザード(蜥蜴の英語)→リザードン(リザードのドン)
・ゴース→ゴースト(幽霊)→ゲンガー(ドッペルゲンガー)
・ケーシー(サイコキネシスのアルファベット)→ユンゲラー(ユリゲラー?)→フーディン(??)
・サワムラー(ボクシングの沢村選手)エビワラー(同蛯原選手)
・ヒコザル(火小猿)→モウカザル(猛火猿)→ゴウカザル(業火猿)
・イシズマイ(石住まい)→イワパレス(岩の城)
・ドッコラー(?)→ドテツコツ(ド鉄骨)→ローブシン(ロー:安いの英語+普請)
・ポッチャマ(坊ちゃま)→ポッタイシ(坊ちゃまが皇太子に?)→エンペルト(ペンギン型なのでコウテイペンギンから、坊ちゃまは皇帝に)
など、挙げればきりがないほど。

さらに、タマゲタケ(モンスターボール型のキノコでたまげた+キノコ)→モロバレル(さすがに進化してでかくなるとモロばれる?)なんてオチまでついたポケモンまで出てくる。

これだけ増えるとネーミングにも苦労するのかもしれませんけどねぇ。

ただ、やっぱりモンスターの名前なんで小説のキャラの名前(今書いているファンタジーでも)の参考にならないのが玉に瑕ですが……





スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://edennotoutann.blog55.fc2.com/tb.php/18-edb5152b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。