ベテル別館~エデンの東端

小説ブログ「私のベテル~ゆめのきざはし」の別館にようこそ。 ここには雑記や小ネタなどをつらつら書いていきます。
Posted by 神山 備

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 神山 備   2 comments   0 trackback

追加を思い出した理由のあらすじ劇場

ああ、お兄さんが来る前にちゃんと仕上げておかなければ……

某所で素晴らしい作品を読んだとき、その作品に天使が出てきたもんですから、「あ、私も天使の出てくる作品書いたよなぁ」と思い出したんです。ちゃんと完結もさせてた。

「堕天使同盟」

あたし、一子はいつも通りの朝を迎えて顔を洗って朝ご飯を食べにダイニングに行ったんだけど、そこでいきなりお母さんに
「あなた一体、どこの子?」
って言われる。どこの子って、ここの子に決まってんでしょうが。でも、お母さんはあたしを子供と認めない。そればかりか、続いて起きてきた妹の二美(つぐみ)にも同じ事を言われる。じゃぁ、あたしの部屋を見せればいいそう思って勢い二階に上がったあたしが見たものは、物置になってしまったあたしの部屋だった。

追い出されるように家を出たあたしは、自分を覚えてくれている人を求めて学校へと向かう。だけど、誰もあたしのことを覚えていない。あたしは、存在してないって言うの?

どこにも行くところがなくなって公園で途方にくれていたあたしに、声をかけてきたイケメン男子。どうもハーフっぽい。その子は実は天使だという。

「あなたは実はけさ、もう死んでいるんです。ですが、どこをどう間違ったのかお迎えが遅れたみたいで……で、暫定的な処理としてあなたの存在を皆さんの記憶から消させていただきました」
とさわやかに言うイケメン天使。だけどね、いくらさわやかに言おうがそんなの受け入れられるわけないじゃん。

それにお迎えの場所っていうのは変更できないらしく、イケメン天使はあたしに死に場所である自宅に戻ってくださいって言う。死にに行くために帰れって? イヤよ、そんなの。

逃げるあたしと追いかける天使。結局疲れたあたしが渋々死を受け入れて帰った自宅で待っていたのは大天使様。
なんと死んだのはあたしじゃなくて、同じ町内の同姓同名のおばあさん。ああ、良かったって……ど田舎の役場だってそんなミスしないわよ!!

とにかく、とんでもない一日が終わり、次の日の朝―

ウチに昨日のイケメン天使が迎えに来た。えっ、やっぱあたし死ぬの? と思ったら違ってた。
何でも今回のことでイケメン天使、罰を受けて地上に堕とされたらしい。人間として生活することになったイケメン君は、あたしの彼氏になったのだという。

イケメン天使の話を聞いている内にどんどんと送り込まれてくるあたしと彼のエピソード。これって、ハッピーエンド? ハッピーエンドなんだろうな……一応。


この後も、人間よりもピュアな心を持つ天使たちのドジぶりをかなり妄想していました。暗い話が続くと反動でこういうバカ話を書いていたようです。
スポンサーサイト

Comment

マカロン says... "おお!"
なんか面白そうなお話!
2011.04.22 21:03 | URL | #- [edit]
たすく says... "えっ、コレに食いついちゃうの?"
マカロンさんへ

うえっ、これに食いついちゃうの? まぁ、確かに楽しんで書いてましたけどね……

ファンタジーになるんでしょうかね。コメディーかな。

しかしこんなとんでもない設定、今の私に書けるんでしょうか。
2011.04.23 00:04 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://edennotoutann.blog55.fc2.com/tb.php/14-076a384e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。